储能技术

  • Home
  •  /  蓄電池

创新型dynapeaq03储能技术

「Smart Srar L」とAI( 人工知能)「GridShare」が連携して、日々の電気の使われ方を学習して曜日や時間帯ごとの傾向から、翌日に必要な電力量を予測。 翌日の気象予報から、太陽光パネルによる発電量を予測し、AI が予測する翌日の電気使用量と照らし合わせて蓄電池に貯める深夜電力を決定します。 「GridShare」により蓄電池の充電量を最適にコントロールすることで、経済的で安心なエネルギーライフを実現します。

钛酸锂储能技术

スマートフォンやタブレット、パソコンなどにより、お使いになられている 「Smart Star L」の充電・放電の状況や、電気使用量・購入電気量の履歴を 「マイページ」で確認することができます。

蓄電池とは

蓄電池ってどんなもの

「蓄電池」とは、電気を貯めたり放電(使ったり)できる装置のことを言います。 安い深夜電力を蓄えておき、非常時や昼間の高い電気料金の時間帯に全ての機器に電力として利用ができます。
「蓄電池」の種類は4 つに分けられます。
1.鉛蓄電池
2.リチウムイオン電池(リチウムイオン二次電池とも言います)
3.ニッケル水素電池
4.ニッケル・カドミウム電池(ニカド電池とも言います)
「蓄電池」は、その中の.リチウムイオン二次電池は蓄電池をバッテリーとして使用し、リチウムイオン二次電池は、皆様が乾電池の充電電池版として 使用するニッケル・ニカドや鉛電池よりもエネルギー密度が高く充電・放電の効率が高い電池です。

蓄電池を設置するとどうかわるの

安い夜の電気代の時に電気を蓄電池にためて、ためた電気を太陽光発電でまかなえない時間帯に使用することで、今まで通りの生活をしながら、高い時間帯 の時に蓄電池が放電することで電気代を大幅に節約することが可能です。

固定買い取りが終わるとどうなるの

2019 年問題と言われていますが、ご存知のように2019 年で最初のご契約した方の固定買い取りが終わります。終わりますと、固定買い取りはkwh当り11 円、 又は、10 円まで下がると言われています。
売るよりは自分の家、又は、オフィスや施設・工場で電気を使用した方が良いのですが、太陽光発電は、日中にしか発電がしません。だから、蓄電池に太陽 光発電で充電する事により、深夜電力も蓄電池でまかなうことが出来るようになります。
それでも足りなくなったら、深夜電力の安い電気代の時に蓄電池に充電すれば、殆ど、電気代はかからなくなり、電気の自給自足の生活を送れるようになります。

蓄電池は何を基準に選べば良いか分からない

熊本の地震、西日本の災害で、全く、停電時にエコキュート・IH クッキングヒーター・エアコンが使えなかったので蓄電池の意味が無かったと問題になりま した。蓄電池の選択の分かれ道は停電時にエコキュート・IH クッキングヒーター・エアコンが使えない蓄電池。停電時にエコキュート・IH クッキングヒーター・ エアコンが使える蓄電池と2 つに分かれます。

ではどの蓄電池を選べば良いの

東北エネルギーはパナソニックの販売を主としています。でも、パナソニックの蓄電池の場合、停電時には「特定負荷」しか使えないばかりか10 年後には、 蓄電池の点検を有料でしない限り、太陽光発電の使用も出来なくさせています。 そこで、探しに探してやっと巡り合えたのが「伊藤忠商事のスマートスターL」です。

伊藤忠商事のスマートスターL

エアコンやIH 調理器も使える高出力

「SmartStarL」は3kVA の高出力。エアコンやIH 調理器、エコキュートやエネファーム(燃料電池)などの200V機器にも対応しているので、オール電化のご家庭も、エネルギーの自給自足を目指すご家庭も安心して使用できます。

停電時も太陽光発電を使用可能

一般的な蓄電システムの場合、停電のときは系統からの電力供給が止まるため、太陽光発電は自立出力1.5kW までしか出力できないようになっています。 しかし、「SmartStarL」は、独自のシステム制御により通常時と同様に太陽光発電を稼動させ、発電した電力を家庭内で使用することができます。また、余 剰電力がある場合は、最大3kVA まで「SmartStarL」に蓄電することができるので、夜になっても安心して過ごすことができます。

停電時もエアコンやIH 調理器が使える

「SmartStarL」は、停電時も200V の出力が可能です。停電になっても、エアコンIH 調理器、エコキュートやエネファームなどの200V 機器も使用できるので、いつもと変わらず快適に過ごすことができます。また、就寝しているときに停電になっても、「SmartStarL」は停電を検知し、自動的に蓄電池にためた電気の放電を開始するので安心です。

全負荷型なら家中のコンセントを使用可能

特定負荷型は、設置時に、あらかじめ選択したお部屋の選択した100Vの電気機器だけをカバーするものです。その為、停電した時のことを想定して、電気を供給するお部屋と100Vの電気機器を選択することが重要になります。
一方、全負荷型の場合は、家全体をカバーできるため、設置時にお部屋や100Vの電気機器を選択する必要がありませんので、停電になったことが分からないくらい、いつも通りの生活を送れます。

太陽光余剰電力充電設定を搭載

伊藤忠商事が特許を取得して、世界で唯一の停電時に、太陽光で発電した電気を蓄電することができます。

見守りサービスで稼働状況を見てくれるので安心

インターネット環境のあるお客さまに対しては、インターネット回線を利用して、「SmartStarL」の稼動状況を見守ります。

蓄電池のメリット

  1. 毎月の電気代を減らすことが出来ます
  2. 夜間の安い電気を充電して、太陽光ではまかなえない高い電気代の時に放電します
  3. 災害時の停電でも普段と変わらない生活が送れます
  4. 電気の自給自足の生活を送れます

主な取り扱いメーカー